肝臓がペニス増大サプリと同じような働きをする細胞の若さを保つ

私たち男性は30歳を過ぎると、毎日10万個ほどのおびただしい数の
脳細胞が死んでいきます。
ですから、そのままにしておけば、どんどんボケてしまうわけです。
しかし、老化防止の観点からみれば、良質のタンパク質をしっかり
摂ることで細胞の新陳代謝が促され、老化を防ぐことができます。
当然、そこには男性のペニス内の細胞にも同様のことがいえて、
勃起しやすく、短小からビッグサイズにペニスが増大することにも
つながります。
良質なタンパク質は脳細胞をいつまでも若く保つことができます。
このような脳の活性化は、精力にとっても大事なことです。
セックスはある意味では脳で行うものですから、脳の働きが悪くなると
セックスどころではなくなり、結果的に精力を減退させてしまいます。
精力を維持し、性的興奮を高めるためにも脳の活性化は必要不可欠
であり、そのためにも良質のタンパク質を摂取することが重要に
なってきます。
さらに、肝臓の働きを高めます。
肝臓とは、胆汁を分泌して十二指腸に注ぎ、消化を促進したり、腸
などで吸収され送られてくる各種の栄養素を貯蔵し、糖質類を
グリコーゲンとして蓄え、また種々の毒物を解毒したりする重要な
器官です。
しかし、最も大切な働きは、各細胞の新陳代謝を促すためのアミノ酸
を身体の隅々にまで運んでくれるということです。
このことによって各細胞は若さを保つことができ、内臓全般の働き
も順調なものになります。
そうなれば当然、男性ホルモンの分泌も活性化され、精力も維持、
増強することができるようになっていくのです。
ペニス増大サプリ提案室~最新サプリメントランキングは?

ペニス増大サプリは細胞の新陳代謝を活性化させる

私たちの身体は約60兆個の細胞からできていますが、いつまでも同じ
細胞でいるわけではありません。
細胞は絶えず死んでいき、それに替わり新しい細胞が生まれ、平均して
約200日でほとんどの細胞が新しく生まれ変わります。
そして、この時、若さを保つということは、死んでいく細胞と生まれて
くる細胞のバランスがうまく保たれている状態で、逆に言いかえれば、
生まれてくる細胞よりも死んでいく細胞が多くなってくる状態が老化
なのです。
しかし、しっかりとタンパク質を摂ることで、この老化現象を抑える
ことができます。
早い話が、細胞はタンパク質でできていますので、良質のタンパク質
を補充すれば、細胞の新陳代謝が促され、死んでいく細胞と生まれて
いく細胞のバランスをうまく保つことができ、老化を防ぐとともに
若返ることができるのです。
特に、男性の生殖器では毎日、精子や精液が作られていますが、それは
それだけ細胞の新陳代謝が盛んに行われているということです。
つまり、新陳代謝が盛んなところだけに、すぐに老化が現れやすいと
いうこともいえるわけですが、良質のタンパク質を充分に摂り入れる
ことで、生殖器つまりペニスの老化を防ぎ、精子や精液の製造も
活性化することができるのです。
今ではペニス増大サプリにも栄養満点の成分が含まれています。
必須アミノ酸の個々の働きの中で何度となく触れてきましたが、良質
のタンパク質は脳と神経細胞の間で信号を伝達する各種の神経伝達
物質を作ります。
それは脳細胞を活性化させるということにつながります。

精力の活性化とペニス増大サプリの効能は成長ホルモンが関係している

外部からアルギニンを摂り入れさえすれば、成長ホルモンの分泌も
刺激され、精神的にも肉体的にも身体全体が活性化されていきます。
そうなると、まるで若者に戻ったような精力を回復することも不可能
ではなくなるでしょう。
このため、アルギニンは栄養ドリンク剤や栄養補助剤に含まれて
いることが多いようです。
ちなみに、成長ホルモンを合成するためには、アルギニンの他に、
オルニチンやトリプトファン、グリシン、チロシンなどのアミノ酸
も必要です。
アルギニンを外部から取り入れる時は、これらのアミノ酸も同時に
摂取した方がより効果的だといえるでしょう。
以上のように、中高年にとって、どうしても外部から摂らなければ
ならない8つの必須アミノ酸とアルギニンの働きを個々にみてきま
したが、それ単独で作用するというよりも、そのすべてが適切な
割合で存在してこそ、総合的な作用が生まれます。
つまり、必須アミノ酸が一つでも少なかったり、欠けていたりすると
他のすべてのアミノ酸の働きが落ちてしまいますから、これら8つの
必須アミノ酸とアルギニンを同時に適切な割合で摂取することが必須
であり、そのような食物こそが良質なタンパク資源といえる食品
なのです。
そして、その良質なタンパク質が私たちにどんなペニス増大の効能、
作用を与えるのか、特に精力に関係している点をまとめてみましょう。
一酸化窒素はまぎれもなく血液を男性のペニスに送りやすいように
作用します。もちろんペニス増大サプリメントにも含まれています。

精力とペニス増大に貢献するアルギニンという成分

中高年は必須アミノ酸も必要ですが、特にアルギニンというアミノ酸
も必須アミノ酸の一つに加える考え方もあるようです。
というのも、アルギニンは私たちが30歳を過ぎると、脳下垂体からの
分泌がほぼ完全に停止してしまうからです。
すなわち、中高年にとってはこのアルギニンも食物など外部から必ず
摂取する必要があるということです。
また、このアルギニンは精力増強面でもとても重要な働きをしています。
男子の精子の頭の部分は、主にこのアルギニンからできていますし、
精液80%もアルギニンから形成されています。
つまり、アルギニンが不足すると、精子の数や精液が減ってしまい、
男性側の不妊症を招く要因にもなるのです。
そればかりか、精子や精液が減れば、当然それを放出しようという
欲求もなくなり、精力を減退させてしまう原因にもなります。
アルギニンの摂取不足はまた現代人の男性の精子の数を減少させて
いる要因であるともいえます。
このようにアルギニンは精子数を増加させる働きがあり、ペニスに
血液を流入させてペニスを増大させる働き、セックスが強くなるアミノ
酸として有名なのです。
その他、アルギニンは脳下垂体を正常に機能させ、そこから分泌される
成長ホルモンを合成する作用があります。
この成長ホルモンは身体の脂肪の代謝を促し、筋肉を強化してくれます。
しかし、30歳を境にアルギニンの分泌がなくなり、さらに、成長ホルモン
が50歳ぐらいで分泌されなくなってしまいます。

ペニス増大サプリに含まれている成分の詳細

ペニスの大きさに作用する成分の詳細についてまとめてみました。
この他にもたくさんありますが、代表的なペニス増大サプリに含まれて
いるものは以下の通りです。
メチオニンは、肝臓や腎臓の細胞再生に必要なアミノ酸です。特に肝臓
の解毒作用を活発にします。
その他、ヒスタミンの血中濃度を下げる作用もあります。
ヒスタミンとは体内にある化学物質で、怪我をしたり、薬に反応した
りすると活性化し、血管を拡張させたり、かゆみや痛みを引き起こし、
ひどい場合にはアレルギー症状となります。
このメチオニンが不足すると、尿をつくる能力が衰えてむくみが生じ、
コレステロールが沈着したり、動脈硬化、抜け毛などを引き起こします。
フェニルアラニンは血圧を上昇させる他に、興奮性の神経伝達物質
でもあるノルエピネフリンとドーパミンという物質に転換されて
精神を高揚させ、性的興味を高める働きがあります。
スレオニンは、体内に入ると、成長促進の他、肝臓に脂肪が蓄積して
脂脂肪になるのを防ぐ作用があります。
また、消化器官の機能が円滑になり、代謝を促進させます。
このスレオニンが不足すると、食欲不振、貧血、成長阻害、体重減少
などの症状が出ます。
トリプトファンは、神経伝達物質であるセロトニンの原料となり、
鎮痛、睡眠、精神安定などの働きをします。
また、コレステロールや血圧をコントロールしたり、更年期障害の
症状を改善し、性的能力を高めるという研究結果も報告されています。

体内のアミノ酸バランスを保ちペニス増大サプリが効く体にする

イソロシンは子牛肉や鶏肉、さけ、牛乳、プロセスチーズなどに含まれており、
体内では、成長促進、神経機能の補助、血管拡張、肝臓機能
の向上などの作用があります。
ロイシンは、一日の必要量が必須アミノ酸の中で最大ですが、いろんな
食品に含まれているので、足りなくなるということはあまりないようで
す。主な作用としては肝臓の機能を高めます。
バリンも多くの食品に含まれているので、やはり、不足することは
あまりないようです。
体内では、成長を促進し、血液中の窒素バランスを調節します。
また、頭脳活動の活力や筋肉運動の調整、情緒の安定に必要な成分
です。
以上のイソロイシン、ロイシン、バリンは構造上、分岐鎖アミノ酸
に分類されており、この3種類の必須アミノ酸は互いに相反する
作用もっていて、どれかひとつだけを極端に多く摂ると、他のアミノ
酸のバランスを崩し、ペニス増大サプリにもバランスよく配合され
ていますし、免疫機能の低下を起こします。
リジンは、人間の体の組織を修復したり、成長に関与している重要
なアミノ酸です。
血液もこのリジンで養われ、抗体を形成します。
また、ホルモンを算出して受精率を高めたり、酵素を作るといった
機能ももっています。
その他、ブドウ糖の代謝を促進したり、単純疱疹を予防、解消し、
肝臓の機能も高めます。
これが不足すると、疲れがたまったり、目が充血したり、めまい、
はきけ、貧血などの症状が出たりします。
また、肝機能が衰え、血中に悪玉コレステロールが増えやすくなり
ます。
一般に、中高年以上の男性は若い人に比べて、より多くのリジン
が必要とされています。

驚くべきペニス増大に効果があるアミノ酸とは

タンパク質を摂り入れる際には、必須アミノ酸がどのような割合で
含まれているかが重要な要素となってきます。
単独の食べ物で8種類すべての必須アミノ酸が適切な割合で必要量を
満たせて含まれていればベストでしょうが、7種類の必須アミノ酸の
必要量を満たしていても、残りの一つが必要量の半分しか含まれていな
ければ、全体的なタンパク質の効果は半減してしまいます。
その時は、別の食物から不足している必須アミノ酸を補う必要がある
のです。
スッポンやマムシには、すべての必須アミノ酸が非常に効率よく
含まれており、まさに完璧な高タンパク食だといえるでしょう。
それゆえにスッポンやマムシが強精食として長年利用され、実際に
効果がある理由もうなずけるというものです。
それでは、良質のタンパク質を構成する8つの必須アミノ酸それぞれ
の具体的な効果をみていくことにしましょう。
強精食やペニス増大に効く古来よろ有名なスッポンやマムシの成分
を分析していくと、どちらも必須アミノ酸をすべて含んだ良質な
タンパク質を有していることがわかりました。
どうやら精力増強のカギを握るのは良質なタンパク質であり、言いかえれば、それらを構成するアミノ酸にあるようです。
そこでまず必須アミノ酸の具体的な働きをみてみます。
必須アミノ酸は以下の8つです。
「イソロイシン」、「ロイシン」、「バリン」、「リジン」、「メチオニン」、
「フェニルアラニン」、「スレオニン」、「トリプトファン」です。

必須アミノ酸が含まれているペニス増大サプリの効能

タンパク質は、主に肉や魚、卵、牛乳などを始め、豆類や穀類の胚芽
などにも含まれており、三大栄養素の一つに数えられているほどに、
人間が生命を維持していくために必要なものだということはよく
知られています。
しかし、一口にタンパク質といっても、そのすべてが一様であるわけ
ではないのです。
実はタンパク質とは約20種類あるアミノ酸から形成されており、食品
によってそのアミノ酸の組み合わせが異なっているのです。
つまり、牛肉のタンパク質と卵のタンパク質の構成はまったく異なる
ということなのです。
したがって、体内での作用も当然、異なります。
それに、タンパク質として体内に摂りいれられたアミノ酸は、体が
必要とする別のアミノ酸に転換されたり、その他の物質と合成されたり
するのですが、8種類のアミノ酸だけはどうしても人間の体内で合成
することができません。
これが必須アミノ酸です。
ですから、この必須アミノ酸は食物などで、必ず外部から摂取しなけれ
ばいけないのです。
しかも、人間の体が効果的にタンパク質を合成するためには、8種類
すべての必須アミノ酸を適切な割合で摂りいれる必要があります。
ペニス増大サプリの中にもアミノ酸が入っているものがありますので
表示をよく見てみてください。
というのは、これら8種類の必須アミノ酸のどれか一つでも少なかったり、
欠けていたりすると、タンパク質の合成がうまくいかず、他の
すべてのアミノ酸の働きも、それに応じて低下してしまうからです。

ペニス増大には肥満は大敵なことです

確かに、私が実際にお会いして、話を聞いた数多くの中高年男性に皆さん
をみても、肉食を好む人ほど、精力を維持させている方が多いように
感じました。
ただし、肉食を好んでいても肥満の人が例外です。
肥満というのは、糖尿病や高血圧の予備軍といってもいいほどですから
血管の老化を早め、男性ホルモンの分泌も低下させる傾向が強くなって
精力を一気に減退させる原因になっていることは以前にも述べました。
肉食が好きだといっても、脂身の多い肉ばかりを偏食しているような
人や食事を食べすぎる人などは、余分な脂肪がついて肥満がちになり
かえって精力を減退させてしまうことが多いようです。
また、ペニスが縮んで増大どころではなくなります。
また、野菜やご飯も併せて摂る必要があります。
しかし、肥満にならないように気を付けながら、バランスのよい食事
を心がけ、肉食を楽しんでいる中高年男性は、往々にして精力を維持
しているということは、私が取材した範囲でも確かなことです。
これらの検証結果からも、スッポン、マムシ、牛肉に共通して含まれる
動物性たんぱく質が精力に関係していることは間違いないでしょう。
そこで、精力とタンパク質との関係を探るためにも、タンパク質とは
何なのか、そしてそれを構成するアミノ酸についても、専門的な観点
で調べておいた方がいいでしょう。

肉食系の食事は精力とペニス増大に効果がある

精力増強ひいてはペニス増大に効果があるとされているスッポンと
マムシの栄養成分を見ていくと、一つの共通点があることに気づきます。
それは、どちらも良質なたんぱく質を擁しているという点です。
良質のタンパク質とは、タンパク質を構成する薬20種のアミノ酸を
豊富にかつバランスよく含んでいるということなのですが、そうである
ならば、その約20種類のアミノ酸を単に摂ることができれば、それ
だけで精力もつくということなのでしょうか。
「俺の精力の源は肉だ」という人に会ったことがあります。
その男は47歳の会社役員で、セックスは週に2回から3回という多さ
です。
そして、特に牛肉が大好物らしく、ビフテキなど毎日食べても平気
といいます。
「なんか力が湧いてくるんだよ。セックスも体力が勝負ってところが
あるだろ。筋力、腕力、勃起力、ペニス増大。
そろえらを維持するためには、野菜だけでじゃもたないよ。
やっぱりエネルギーの源は肉食だよね。」
牛肉というのいは、まさにタンパク質の代表格です。
スッポンやマムシほどの良質なタンパク質でないにしろ、高タンパク
質食品であることには変わりありません。
やはりタンパク質が精力増強のカギを握っているということなので
しょうか。
実はそれを裏付けるようなデータもあります。
ある内科医が、30代、40代の男性を対象に食事内容と性交回数
を調べたところ、牛肉などの動物性タンパク質に対する嗜好が高い
ほど性交回数が多かったという調査報告があるのです。